読書で自己投資

本、商品のレビュー等

人助けの条件

体育の時間や部活の時に誰かがケガしたときや交通事故に遭遇した時にとっさに行動できずに傍観者になってしまった経験はありませんか?そういった行動を「図解眠れなくなるほど面白い社会心理学」トいう本から読み解いてみたいと思います。

f:id:yuki346905j1155:20200506174624p:plain

個人的責任

1964年、ニューヨークの住宅街で、深夜に自宅のアパート前で、女性が暴漢に刺殺される事件がおきました。その犯行は30分にわたりました。その間アパートの住人38人が気付いていたのも関わらず、誰一人助けないどころか警察に通報もしませんでした。この事件の真相をしるために、「傍観者実験」なるものがおこなわれました。

 

実験の内容は、ある被験者一人を個室に呼び出しドッキリをしかけます。ある議題をテーマにインターフォン越しに話し合ってもらうのですが、話相手の一人が急に苦しんで倒れます。その際にどれくらいの時間で、「倒れた」と報告するのかを調べました。話相手の人数を、一人、二人、五人と増やしていくと、人数が増えるごとに「倒れた」と被験者が報告するのにかかった時間が増えていきました。

 

つまりは、人助けの条件には「個人的責任」がが重要になってきます。人数が増えてしまうと「誰かが助けるだろう」と思ってしまうのです。

 

こういう緊急事態がおこった時にとっさに行動できなくて自己嫌悪に陥るときあると思いますが、人間にはこういった性質があることをしっていれば、自己嫌悪の度合いも下がりますし、客観的にみれてとっさに行動できるようになれるかもしれません。

 

 

コロナウイルス対策

(メニュー)

 

f:id:yuki346905j1155:20200331094916j:plain

コロナウイルスの流行

コロナウイルスに感染しないための予防策と長期戦になってきたので、鬱にならないようにするための予防法もご紹介したいと思います。心と体はつながっているのでメンタルの改善も免疫をあげる有効な手段となります。

 

コロナウイルスに対する感染予防

 

1.手洗い・うがい

まずはなんといっても手洗いうがいが大切です。ウイルス・細菌が付着した状態を汚染といいますが、汚染しただけでは感染しないのでいかに汚染の段階で洗い流すかが大切となります。この機会に手洗い・うがいを習慣化しましょう。

 

2.アルコールで除菌

ウイルスには二種類あって膜に覆われているタイプと膜のないタイプに分かれます。膜に覆われているタイプにインフルエンザ、膜に覆われていないタイプにノロ・ロタウイルスが該当します。膜に覆われているタイプにはアルコールが効果がありますが、膜のないウイルスにはアルコールは効果がないといわれています。手ピカジェルプラスならノロ・ロタにも効果がありますのでお勧めです。コロナウイルスは膜に覆われているタイプなのでアルコールで除菌するようにしましょう。

 

3.喉の加湿

喉の奥に線毛があり、線毛がウイルスや細菌を体外へはじきだしてくれます。線毛はのどを加湿することによって活発化します。加湿器がなければ濡れタオルを干しておくといいと思います。僕はマスクの予防効果には疑問なのですが、逆に人気のない加湿マスクの方がウイルス対策になるのではないかと思っています。イメージって怖いですね、、、

とる

4.体を冷やさない

体が冷えると一気に免疫がさがります。飲料はホットにする等常に体が冷えないように意識しましょう。

 

5.ぬるめのお湯で長めの入浴

40度のお湯で20分入浴することで肌にダメージのない状態でヒートテックプロテインが体内で生成されて免疫があがります。

 

 

鬱予防法

 

1.ビタミンD

ビタミンDはほぼホルモンのような働きがあり、鬱などの精神疾患に効果があります。ビタミンⅮをとる方法は①サケ・青魚をたべる②日光を浴びる③サプリメントをとるの三つになります。コロナウイルスの影響で外出自粛の流れなので鬱になりやすいと思います。ビタミンDは意識して摂取するようにしましょう。

 

 2.腸内環境を整える

腸は第二の脳ともよばれ、「幸せホルモン」ともよばれるセロトニンが生成されています。なので、腸内環境を整えることで鬱を防ぐことができます。食物繊維をとるなどして腸内環境を整えましょう。「ザ・ガード」とよばれる整腸剤はおすすめです。

 

長い戦いにはなりそうですが、なんとかこの試練を乗り越えましょう!

 

 

若者が軽卒だという報道のウソ

(メニュー)

f:id:yuki346905j1155:20200331094916j:image

最近では面白くないし、信憑性のない報道が多いのであまりテレビを見ないのですが、実家に帰ったときだけテレビをみる機会があります。たまたま見た時に「若者が卒業シーズンなので外に出歩いて遊んでいて軽卒だ」という報道をみて愕然としました。アナウンサーやコメンテーターもしたり顔で、若者が軽卒で年配の方たちはしっかり自粛しているような偏向報道をしています。ぼくはドラッグストアで働いているので本当の現状と対策について考えてみたいと思います。

 

1.マスクを買うために朝一から集団で列をなしている

まず、この報道のウソの典型的な例があいも変わらず列をなしてドラッグストアにマスクを買うために朝一から集団をつくっているアホどものほとんどが年配の方達だということです。しかも、人によっては毎日並んでいます。マスクは人に感染症をうつさないために存在しているのに、朝一から集団をなして感染のリスクを上げているその矛盾に気づかないアホさ加減です。この一例をとっても年配の方たちが自粛しているというのがウソだとわかります。

 

2.年配の方達は頻繁に買い物にきている

年配の方たちはその死の恐怖から病院にいくのを避けています。高齢者の方達が病院に行く理由は病気だからという理由の他に寂しいのでしゃべり相手を求めているという理由もあります。なので、いまはドラッグストア等の店舗に集まってきています。当然レジ前で列をなせば集団となり、会計するときは従業員と客で感染のリスクがあがります。

 

3.ネット通販を利用する

本当の意味で感染拡大のために外出を自粛するなら生活必需品の購入するのをネット通販を利用するようにしましょう。若い人達は普通に利用してます。ネットはわからないから怖いといった言い訳で、ネットを使って外出をさけるといった手段があるのに頻繁に買い物ために外出してませんか。

 

 

この令和の時代に国籍や性差や世代差をひとくくりにして、ある特定の条件の人達を批判するのは意味がありません。各個人の倫理観、道徳観を高めのが大切です。テレビを見る年齢層の高齢化が背景にはあると思いますが、報道と名乗って情報を流すなら偏向報道はやめてほしいです。

 

 

正しいストレッチの仕方

僕は運動が好きで、一応ストレッチをしているのですが、やり方が完全に間違えていたので、正しいやり方をご紹介します。

 

1.はじめに体を動かす

僕ははじめから間違えてストレッチから始めてしまっていました。体が固いまま伸ばすと筋肉が傷ついてしまう事もあるので、必ず軽く体を動かしてからストレッチするようにしましょう。

 

2.痛みがないようにする

伸ばすと気持ちいいのでついつい痛みが多少はしっても伸ばしてしまいますが、痛みは体の危険シグナルなので、痛みがはしったら伸ばすのをやめましょう。

 

3運動後ストレッチする。

運動後にストレッチするという習慣がなかったので、運動後にもストレッチした方がいいというのは驚きです。

 

結構、いい年齢になってきたので、ストレッチをしつかりして未然に怪我を防ぎたいと思います^_^

小売業改革!

(メニュー)

 

f:id:yuki346905j1155:20200328092524p:plain

楽しくお買いもの

今回のコロナウイルスが起因となりマスク・消毒薬・テッシュ・トイレットペーパーの買占めがおきて混乱状態が続いています。実際、ドラッグストアで働いている僕が小売業の問題点と改革案をいくつか考えてみたいと思います。

 

 

 1.客と従業員の立場の是正

そもそも商売のはじまりは物々交換でありあ互いに立場の上下はありませんでした。そこからお金の信用性・価値が高まっていき少子高齢化・経済が不況な状態があいまって物が売れないので、「お客様は神様」という標語のもと接客を高めて他社との差別化をはかり集客する中で「客が上で、従業員が下」という立場の格差ができてしまいました。そんな状況の中、団塊の世代が定年退職する時期を迎えています。団塊の世代の人達とくに男性は仕事人間の人が多く、やりがいや生きる目的を失い、その寂しさや不満を立場の低い従業員にぶつけることで解消しようとしてしまいます。その理不尽さは実際に現場で働いている人しかなかなかわからないとは思いますが、凄まじいものがあります。特殊なクレームも増えており、クレーム対応に追われる従業員が心を病んでしまうケースも増えています。

 こういう環境の中働いている僕が思うところとしてはやはり「特別扱いは人をダメにする」ということです。特別扱いされている人間というのはそれが当たり前になっていき感謝を忘れてしまい暴走します。今回の生活必需品の品薄で当たり前に商品が買える環境というのがどれほどありがたい環境かわかると思います。客も従業員もお互いに感謝の気持を忘れずに、「客と従業員の立場は平等である」という風潮に変化することを望んでいます。

2.出入り禁止制度の必要性

実際に小売業で働いてないとピンとこないかもしれませんが、客が従業員をどなりつけたり説教したりするといったことは普通におこります。小売業で働いていると異常なストレス下なので従業員が悪いことも多々あるのですが、果たして従業員を公衆の面前で怒鳴りつけることに正当性があるのでしょうか。さらに多くの場合クレームとして処理され店長は報告書を提出し、クレームを起こした従業員は叱責を受けます。やはり、ここでも「客と従業員の立場の格差」が歪みを引き起こしています。従業員は少しでも気持ちよくお買い物してもらえるように努力して、不満や怒りを抑えて接客しています。でも、これって人と人が接する上で当たり前のことですよね。客は少し嫌なことがあったら我慢せずに怒鳴りつけてもいいのでしょうか。クレームを受けたらどうしようかと怯えながら働いているのは異常ではないでしょうか。経営陣もクレームの有り無しを成績にいれるなどこの状況を助長しているのでたちが悪いです。

 僕の実感としては「出入り禁止制度」を導入するしかないのかなと思っています。「出入り禁止制度」があることで店舗で道徳的に問題があることをすれば店舗を利用できなくなるリスクが生じれば、ささいな事は我慢できるようになると思います。

 

3.買占め禁止

今回の混乱で生活必需品が品薄状態となっています。同じようなことが毎回起こっていますが、買占める行為が品薄をよんでいます。いつも通り必要な数だけ購入していればみんなが買えるだけの数はあります。自分や自分の家族だけが助かればそれでいいのでしょうか。毎回同じような混乱がおこるようなら生活必需品を店頭で買うときは点数制限が必要になってくるかもしれません。

 

 どの問題も日本人の道徳観が髙ければおこらない問題だと思います。日本人の道徳観の低下を悲しく感じています。結局のところ道徳感でコントロールできなければ法を厳格化するしかなくなってしまい、管理社会になり生活しずらくなってしまいます。僕も自由の方が好きなので、いま一度日本全体の道徳観が高まるような環境づくりが大切かもしれません。

 

 

 

 

 

デザインの基礎を学ぶ

今回は「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本からデザインの基礎を学びたいと思います。デザインにはまったく興味がなくセンスのない僕にも使える内容になってますので、是非読んでみてください。まずは、こちらの二つのブログをパっと見てみてください。

 

f:id:yuki346905j1155:20200325065923p:plain

原則を使っていないブログ

 

f:id:yuki346905j1155:20200325070210p:plain

原則を使ったブログ

 

 

 

1.近接の原則

内容的に関連性のある文章同士をくっつけています。逆に関連性のない場合は文章同士を離しています。文章同士をくっつけることでパっと見ただけでその文章同士に何かしらの関連性があることがわかるようになります。

 

2.コントラストの原則

見出しとその中身の文章で文字のフォントサイズをかえて対比させています。一つ目のブログを見た時に視線はどこにいったでしょうか。おそらく、視線はさまよいどこかに焦点が集まることはなかったのではないでしょか。逆に、二つ目のブログではフォントサイズを大きくした見出しに目線がいったと思います。目にとまってもらうのは読んでもらううえで非常に重要です。

 

 なんやねん見出しをつけただけやん!と思っている方まさにその通りですw原則を知らずに自然とやっている方は多いのです。(僕はできていませんでしたが、、、)この本では実は一般的に使われている原則を認識することで「気づき」をえることができるそういった内容になっています。

 

 

 

アレルギー性皮膚炎対策

(メニュー)

 

f:id:yuki346905j1155:20200324090754p:plain

アレルギー性皮膚炎を改善しよう!

今回はアレルギー性皮膚炎に対する対策をいくつかご紹介したいと思います。

 

1.ビタミンD

 アレルギー性皮膚炎は何故症状がでるのか原因を見つけることが難しいですが、ハッキリわかっているのは体に炎症が起っていることです。ビタミンDはその構造が「ステロイドホルモン」に似ているので抗炎症作用がありますので、アレルギー性皮膚炎の改善に効果的です。ビタミンD摂取方法は①サケ・青魚をたべる②日に当たる③サプリメントでとるの三種類です。ビタミンDのサプリメントを飲みだしてからまもなく改善したという事例もあるようなので試してみる価値はあると思います。ビタミンDは油に溶けやすいビタミンなのでサプリメントは食後に飲むようにしましょう。

 

2.腸内環境をととのえる

 腸内環境が乱れてくると、体にガスがたまってきて皮膚にも悪い影響を及ぼします。また、「腸は第二の脳」ともよばれ幸せホルモンとよばれる「セラトニン」を分泌しているため、腸内環境を整えることはメンタルをととのえることにも繋がります。アレルギー性皮膚炎の症状がでると鬱になりやすいので腸内環境を整えましょう。医薬品では「ザ・ガード」という商品が腸内環境を整えることができるし、体内にたまったガスを取り除いてくれるのでお勧めです。

 

3.抗ヒスタミン薬

 皮膚に炎症がおこると痒いためかきむしってしまうためより症状が悪化してしまいます。なので、抗ヒスタミン薬でかゆみを抑えることで掻きむしってしまうことを防ぎます。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用があるので運転する際は服用をさけるようにしてください。抗ヒスタミン薬を使うときは病院でアレルギー性皮膚炎のおこる原因を調べてもらってからにしてください。

 

4.40度以下のお湯で入浴する

 41度以上のお湯に触れると皮膚にダメージがあります。40度以下のお湯でも20分入浴すればヒートテックプロテインという物質が体内で産生されて免疫があがります。アレルギー性皮膚炎の人はとくにお湯の温度にはお気を付けてください。

 

 

 

関節リウマチとビタミンD

(メニュー)

 

1、関節リウマチは自己免疫疾患

 関節リウマチは自己免疫疾患です。自己免疫疾患とは通常病原体が体内にはいって来たときに病原体を攻撃して追い払う防御システムが自分自身に向けられてしまって、自分自身の体細胞を攻撃してしまう病気です。女性は男性に比べて自己免疫疾患の発症率が2倍高いようです。症状は関節で炎症が起きて、軟骨や骨が破壊されてしまって症状がすすむと関節が変形してしまいます。関節を曲げなくても激しい痛みがあるのが特徴です。

 

2、関節リウマチとビタミンD

 米国の調査でリウマチ系疾患と診断されて治療を受けていた患者さんの多くがビタミンD不足からくる症状だったことが判明しました。このことから関節リウマチとビタミンDは密接な関係にあることがわかります。

 

3.ビタミンD

 ビタミンDはほぼホルモンのような働きをします。免疫調整機能があり、化学構造が「ステロイドホルモン」によく似ているため、抗炎症作用があります。関節リウマチは免疫の暴走によって関節に炎症がおこる病気なので、ビタミンDが効果的なのがよく分かります。閉経後の女性はビタミンDの産生が減ってしまうので、ビタミンD不足に陥りやすいです。

 

4.ビタミンDの摂取方法

 ビタミンDを摂取する方法は三つしかありません。①日にあたる②サケ・青魚をたべる③サプリメントでとるの三つです。年齢を重ねると出不精になるやすいので意識的に外出し、お魚をあまり食べないひとは意識して食べるのが大切です。それでも現代の日本人の生活ではビタミンD不足陥りやすいと思うのでその場合はサプリメントで補うようにしましょう。

2倍になる株の探し方 トーセイ(8923)

[メニュー]

 

 今の目標は2倍になる株を探す事です。そんな中で出会ったのが、「何故か日本人が知らなかった新しい株の本」です。不思議と興味を持って調べていると自分の求めている良書にであえますよねw内容も面白く、なんせ読みやすいので、是非読んでみてください。この本の中で、ざっくりな計算から1株の価値を弾き出して、現状の株価と比べて割安な銘柄を探していく内容があります。この計算式を利用して、現状の株価の2倍の価値のある銘柄を探しだして、2倍株を探し求めていきたいと思います^_^

 

1.有望株の探し方

  まずは有望株の絞り込みをするために、PERが10倍以下で、PBRが1倍以下、あと、ROE15%以上を条件にスクリーニングをかけました。日本のROEの平均が5~8%で、欧米のROEの平均が15%といわれています。

 

 今回は絞り込んだ銘柄の中から、トーセイ(8923)を例に計算してみたいと思います。計算式をまずはざっくり説明します。事業価値+財産価値-負債÷発行株式数=1株あたりの価値となります。

 

2.事業価値

  事業価値を算出します。この本の中では、事業価値とは営業利益を10倍したものいいます。何故営業利益の10倍になるのか。投資の世界では事業価値とは企業の出した利益を期待利回りで割ることで算出されます。営業利益はそこから税金が40%引かれます。加えて、日本の株式の期待利回りの平均は5~8%程度となっています。ここでは、6%と考えます。営業利益×0.6÷0.06となり、式をまとめると.、営業利益×10となるわけです。すごくシンプルでわかりやすいですよねwトーセイ(8923)の過去3年分の営業利益の平均11.133百万円となっているので、10倍して事業価値は111.330百万円となります。

 

3.財産価値

  財産価値を算出します。投資の世界では、財産価値は当面必要ない資産をいいます。 財産価値を出す計算式は、「流動資産-1.2×流動負債+投資その他の資産合計」となります。今度は何故流動負債を1.2倍するのか気になりますよねwこれは、投資の世界では、流動負債の1.2倍くらいが当面の運転資金として必要と考えられているからです。(流動比率120%)実際、日本の企業全体の平均も流動比率が120%くらいとなっているようです。で、計算してみると、109.333百万円-1.2×25.054百万円+0円=79.268百万円となります。負債は固定負債+非支配株主持分とし、計算すると、78.533百万円+0円=78..533百万円となります。

 

4.一株当たりの価値

  最後に事業価値+財産価値-負債÷発行株式数は、111.330百万円+79.268百万円-78.533百万÷47.9百万株=2.340円となります。3月21日現在の株価が807円となっているので、二倍以上の価値がありそうです!
 
    

 この計算はあくまで過去の実績によるものなので、投資する際のひとつの資料としましょう。投資する際には、将来の成長性も加味することが重要となってきます。やはりコロナウイルスの影響で異様な株価の下落になっているのでバーゲンセール状態ですねw

 

TOPに戻る

副業禁止という時代遅れのルール

 副業がだんだん浸透しつつある現状ですが副業を禁止にしている企業はまだまだ多いです。なので、こっそり副業するしかなくてそのせいで色々問題がおこるケースが少なくないと思います。しかし、現状の日本で副業禁止になにか正当な理由があるでしょうか。

 

 戦後復興をとげて経済が成長していた時は景気もよく企業も儲かっていました。人口も増加し働き手の若い人達がたくさんいたために企業の終身雇用制度がなりたっていました。年齢があがるとともに給料も上がっていくシステムでもあり、家庭にも経済的な余裕がありました。そのため、企業と労働者はwin-winの関係にあり副業をする必要もありませんでした。

f:id:yuki346905j1155:20200317081444p:plain

 

 しかし、バブルもはじけて人口増加から人口減少に転じて少子高齢化へ移行しました。当然国内のマーケットはどんどん縮小していくので、企業も売上拡大から利益優先へ移行していきます。利益を追求すればおのずと人件費削減をおこなっていくので給料は下がっていきます。そのため、企業からいただく給料だけでは生きていけないケースも当然でてきます。そういう流れからの必然的な副業の流行なんですよね。

 

 確かに、副業を許可すれば離職率も高まるかもしれませんし副業が過ぎれば業務に支障をきたす可能性もあります。ですが、勤務時間外の労働者の行動を制約するような権利が企業にあるのでしょうか。僕は業務に支障をきたさない範囲でなら副業を全企業みとめるべきだと思います。だいたい、副業してなくてもさぼるやつはさぼるし、ゲームや遊びすぎで業務に支障をきたすのとなんの違いがあるのでしょうか。

 

 税金のややこしい問題もありますが、そこは税制のありかも少しずつ時代の流れによって変更していく必要があるかもしれません。

 

 企業の社会的な使命には雇用を作り出すこともあると思います。その雇用が揺らいでいて、その雇用のさきにある労働者の生活を安定させるほどの給料を支払うことができない現状なのだから、妥協案として副業を許可すべきだと僕は思います。

妊婦にもダイエットは必要か?(バーカーの仮説)

 今回は「1日1ページ読むだけで身につくからだの教養365」から「バーカーの仮説」について考えてみたいと思います。

 

 「バーカーの仮説」とは妊婦の栄養状態によって、赤ちゃんの発育障害が引き起こされ、その結果、生涯にわたって心臓疾患・糖尿病・肥満のリスクが高まるのではないかという説です。

 

 この仮説に関しては激しい議論があるもののこの仮説を裏付ける証拠が次々に出てきています。

 

 ある研究によると、妊婦の肥満が奇形児の生まれるリスクを高めることが示されています。一方で、他の研究によると血糖値の高い母親からうまれた赤ちゃんは、血糖値の正常の母親から生まれた赤ちゃんの二倍肥満になりやすいことがわかった。また、別の研究では妊娠中の母親が高炭水化物ダイエット・高タンパク質ダイエットをしても赤ちゃんが正常体重で生まれてくる確率はかわらないことが示されています。つまり、この研究からはカロリーが大切なのがわかります。

 

 ダイエットをするといっても食べないダイエットや栄養が片寄るダイエットはダメです。妊婦のかたはとくに栄養をしっかりとる必要があると思います。

 

 なので、「エンプティカロリー」(栄養がからっぽのカロリー)とよばれる白米や食パンなどの白い炭水化物の摂取をやめて玄米や雑穀米、ブランパンやライ麦パンをとったり、赤身の肉の摂取を控えてお魚や大豆からしっかりタンパク質をとるといいと思います。

 

 上記のように高カロリーの食品から高栄養低カロリーのものに食事をスイッチしていけばおのずと健康的にダイエットできると思います。

 

 「バーカーの仮説」の真偽は別として、何よりかわいいまだ見ぬ赤ちゃんのために大変だとは思いますが、極力抑えられるリスクは抑えるようにしましょう。なにより周りのサポートが大切かもしれませんね。

 

良い家族関係をつくることも大きな成功の一つ

 最近よく思うことはいい家族関係をつくるのも日々の努力の積み重ねで大きな成功の一つだなということです。

 

 なにか成功というとビジネスや仕事で財をなすことのように思いがちですが、成功の形も様々だと思います。

 

 私事で申し訳ないのですが、僕の家族はめちゃくちゃ仲がいいですw兄弟四人いてみんなもういい年しているんですが仲がいいです。親子間も仲がいいです。

 

 僕自身は30歳をゆうに超えているんですが今の自分が思うに、せつに父親・母親のおかげだなと思います。父親・母親の築いた成功の形だと思っています。

 

 本当に家は貧乏だったのですが、母親の倹約の結果なに不充なく生活させてもらいました。その貧乏さを考えると考えられないことですが、兄弟四人とも大学までいかしてもらいました。父親も収入こそ少なかったもの常に家事に育児にと家族を大切にしてくれました。父親の定期的につくってくれる粉もの・焼き物料理は兄弟に大人気でした。B級グルメ最強説ですねw

 

 僕はいまだに独身でフラフラしているのですが、今の僕の年齢の時には母親は四人とも産んでいるので本当に人として勝てないなと思っていいますw父親と母親は20代・30代の頃はよく喧嘩していました。今考えると考えられないことですが母親もよく喧嘩して泣いていました。今は達観しているのかあきらめなのか不動のメンタルをしています。

 

 いざ30代になってみて精神的には全然がきんちょのままだなと自分自身思います。親に当てはめてみるとそんなまだまだ若い男と女が仕事に子育てに紛争するのだからストレスも半端ないですよね。もはや、修行wまさに「精神と時の部屋」ですねw出てきたときにはレベルアップしてますよね、人としてw

 

 本当にこの国この家族に生まれてラッキーでしたw俺前世でいいことしたのかなw

 

 この年齢になると「幸せ」って何なのかについてよく考えます。お金がたくさんあっても遺産相続とかでもめてしまう家族とかもいるし、一概に財を成すことが=「幸せ」でないと思うので難しいところですよね、、、収入が増えたとしても800~900万円が幸福度の天井なのではないかという説もありますよねwまあ、今の時代その収入まで行く人も少ないとは思いますがwそう考えると仕事に人生の大半を使ってしまうのもなかなかリスクが高いのかなと思います。大半の人が仕事に関しては引退するときがきますからねw今は日本人100年近く生きる可能性があります。仕事をやめた後の人生が30年以上ありますから、仕事以外に時間を費やすことも現代で生きる大切な要素なのかなと思います。

 

 一つ確かなことは趣味でも仕事でも家族でもコツコツ日々努力を積み重ねる

ことでしか成功することはできないことですね。

 

 

 

 

 

 

偏向報道に違和感

 コロナウイルスの拡大にともなって、世界中で大混乱がおこっています。その感染拡大のスピードの早さは恐ろしいものがあります。しかし、一方で致死率の低さにも注目して同じくらい報道すべきだと思います。

 

 むしろ、インフルエンザの方が致死率が高くて危険だと思います。1918年~1919年にかけて大流行して多くの死者をだした「スペイン風邪」、その原因はインフルエンザでした。

 

 [スペイン風邪」は初期のころは発症しても軽症で済んでいました。しかし、第二波、第三波で多くの死者をだし、感染症で死に至るのはまれな20~40代の人達が多く亡くなってしまいました。致死率がどんどん上がっていったんですね。

 

 感染拡大のスピードは致死率が低い方が速いので今は広がりやすい段階にあると思います。

 

 本当に人間というのは未知の恐怖には過剰反応するんだなと今回勉強になりました。致死率の低い現状では落ち着いて感染の拡大を防ぐのが大切です。開店前に店の前に列をなして、わざわざ感染のリスクを高めてマスクを買おうとするそのアホさ加減に早く気付いた方がいいと思います。僕はマスクのウイルスに対する予防効果には疑問をもっているので、マスクするより家でおとなしくしてる方が感染のリスクを抑えられると思います。

 

 ドラッグストアの店員に怒鳴りつけてまで必用なマスクなら、高いお金を払って楽天、アマゾン、メルカリ等の通販サイトで購入してください。購入する手段が実店舗だけなら話は別ですが、今の時代は極力外出しなくても生活していけるシステムがしっかりあります。

 

 自分たちのやってる行動の矛盾に早く気付いて目を覚ましてください。

 

 報道各社の方々も恐怖を煽ることをやめ、たんたんと事実を報道し、混乱を収める方向で報道してほしいです。

人工甘味料の取り扱いに注意!

 砂糖はカロリーが高いのでとりすぎると体重増加を引き起こす可能性があります。一方、人工甘味料は砂糖のように甘いがカロリーがほとんどないので,ダイエットに使えます。

 

 人工甘味料のもう一つの利点が血糖値を上げないことです。なので、血糖値が高い方、糖尿病の方には頼れる味方になるかもしれません。

 

 しかし、こんな魅力的な食品ですが大きな弱点もあります。それがほとんど栄養がないことです。栄養がないことで体が生命の危機を感じて「もっと栄養をとれ!」と指示を出してくるので、結局ほかのものを食べてしまいます。なので、先に野菜を食べるなどして、人工甘味料をとるときは栄養価の高い食品と一緒に取るのがおすすめかとおもいます。

 

 白い炭水化物(エンンプティーカロリー)と比べると、カロリーがほとんどないので体重増加の影響はまだましですが、栄養がないところは似てますねw

 

 薬や加工された食品はもともとは自然にあるものからできています。しかし、精製の過程で必要な成分だけ抽出したり、おいしくするためにもともとあった大切な栄養素を取り除いたりしてしまいます。自然のものはよくできていて、体に都合よく健康になるようにできています。

 

 なので、健康を考えるなら自然に近いものをとるのが一番の近道になると思います。

 

 

 

いい脂肪を食べて健康に

 脂肪は三大栄養素の一つです。重要なエネルギー源であり、ビタミンの吸収を助けて、成長、発達にかかせない栄養素です。なので、小さいお子さまには特に大切です。

 

 脂肪は飽和脂肪、トランス脂肪、不飽和脂肪の三種類に大別されます。

 

 飽和脂肪は肉類、乳製品、アイスクリームなどの食品に含まれています。飽和脂肪をとりすぎると、コレステロール値が上がってしまうので、とりすぎには注意が必要です。そもそも、おいしい食品が多いので、ご褒美としてたまに食べるくらいの意識にした方がいいかなと思います。

 

 トランス脂肪はクッキーやスナック食品などお菓子に含まれています。トランス脂肪の種類の中には悪玉コレステロールを増やして、善玉コレステロールを減らしてしまうものもあります。幸いなことにトランス脂肪を取り除いてくれている食品もあるので、ラベルを確認して、トランス脂肪の含まれているものを極力避けるようにしましょう。トランス脂肪をあまりとらないことが健康につながります。

 

 脂肪をとるなら不飽和脂肪をとるのをおすすめします。おすすめの食品はサケと大豆です。サケはビタミンDを大豆はタンパク質も多く含むので本当におすすめです。ビタミンDのタンパク質の大切さについては過去のブログで書いてますので、興味のある方はみてみてください。